ブログ(現場レポート)

某社屋増築工事の外部足場組立て パート①

2016年 10月 21日

 

某社屋増築工事の外部足場組立ての現場レポート パート①です☆

そうです。

この現場、先日『ダンディズム・・』の回でご紹介した現場です。

早速ですが、分かりやすく足場の組み立てを時系列で追っていきましょう。

 

まずは『地組み』と呼ばれる、1段目の組み立て作業。

051

この1段目が、足場全体の良し悪しを決める鍵となります。

我々プロは、1段目の組立て作業を見ただけで、その鳶工の腕が一目で分かってしまうほど重要な部分でもあります。

 

050 う~ん・・・・ほぅほぅ。

 

もう足場が『いやん♡』と赤面するくらい、水平・垂直を見る!!見る!!見る!!

※業界用語では【にらむ】ともいいます。

 

そしてこちら!!!

049 048

 

ピピピーーーーー ーピピピー!!

べつに仕事しながら、ずっと放送禁止用語を叫んでいるとかではありません。

こちらは、『オートレベル君』

水平を自動で検査し、音で教えてくれる機械です。ちなみにメチャ高いです。。

 

焦らず・・丁寧に、丁寧に。

055 053

☆とにかくこの『地組み』が一番時間も手間もかかります☆

052 うぅ、せ・せまい・・(汗)

 

こうして1段目を丁寧に組み立てる事で、足場の『立ち』が真っ直ぐになり、2段目以降の組立てが非常にスムーズになります。

結果、2段目以降のスピードも速くなりますし、工期内でも仕上がりの良い足場になる訳です。

 

早いだけが『ごっつぉ(岡山弁でごちそう)』ではない。

スピードと正確さ。丁寧さと良い意味での粗さ。この2つが忙しい現場では不可欠なのです。

 

パート②へつづく。

 

 

 

ちょっと箸休め・・

2016年 10月 18日

 

今回は『現場レポートの合間の箸休め』・・・という感じで、少し脱線してみます☆

 

皆さんはこれがなんだか分かりますか?

274ac473

アラフォー・・いや、アラサー・・・ぐらいまでの方は分かるかな?

実はこれ、25年くらい前のフロッピーディスクなんです。

 

今見ると、

え、嘘何これ、昆布?!?!

なんで昆布をパソコンに差してるの?!?!

floppy-8inch

ってなりますが、いえいえ当時はまだWindowsもない時代。

この何とも頼りないペラペラの黒い物体にパソコン(オフコン?)のデータを記憶させていた訳です。

 

この昆布をパソコンに差し込むと、

カタン・・カタン・・カタタタタタタタタタタタタタタタタタタ!!!!!!!!

1ede01e5

ケンシロウか!!

もういったい、どれだけ記録してるんだ!?!?

ってくらい音がしますが、せいぜい1.4MB ぐらいまでしか記録できません。

なのにペラペラ。
ペラペラで、すぐいっぱいいっぱいになるなくせに、アピールだけはすごい。

 

まるで僕とおなじです。

・・・。

 

話を続けます。

それが、いつどうなったかは定かではありませんが、フロッピーもやがて少しずつ進化を遂げ

コンパクトでスタイリッシュになっていきます。

fd ほらこんなに。

 

そして月日は流れ、今ではマイクロSDカード。

見てくださいこれ。

micro_sd_card

決して最初のでかいフロッピーを持った 和田ア○子さん ではありません。

 

たった20数年で、記録媒体一つとってもこの進化。

本当にすごいと思います。

 

我々鳶工という職種も、時代の流れとともに安全意識の向上や、より効率の良い方法への変化はあります。

しかし作業の内容自体というのは、実はそんなに変化はしていません。

 

010-2  039

でもそれは、どんなに時代が進歩しても変えようがない事だから、、という見方もできます。

 

弊社は、同じ作業ゆえに起こりやすい事故やミスを、日々いろんな形で再認識しながら作業をします。

だから事故がないんです。

これからも安全第一でがんばっていきます!!

 

 

ダンディズム!!でも・・

2016年 10月 15日

 

ちょっとダンディズムなお話。

某社屋増築工事の外部足場組立て現場です。

013 015

写真にはうまく写ってませんが、この日は結構な雨模様。

しかし雨天でも現場の工程は待ってくれず、濡れながらも頑張っています。
基本、雨が降ってもカッパを着ない専務。

理由は、カッパを着て動くと、汗でビショビショになるからとの事。

010

ダンディズムです!!

いつも自ら率先して動き、士気を高め、チームを引っ張ってれます。

でも結構降っているので、見ている側としては風邪をひかないかとても心配になります。

どなたか頭のいい方!!一刻も早く中は涼しくて雨を通さないカッパを発明してあげてください!!

 

 

ちなみにこの日、専務は着替えがありましたが、もうひと方は着替えがない!!

 

しかし、人生経験豊富な専務曰く、

『ビショビショになったらパンツ一丁で帰ればええんよ。車に乗ってしまえば誰も見んし大丈夫大丈夫。』

 

・・・・・。

 

う~んダンディズム!!

出すものを出してさえいなければ、出るとこに出なくて大丈夫って事でしょうか??

うん、きっとそうだ!!

 

しかし、、、

・・・・やっぱり正直想像したらちょっと嫌だなぁwww

 

ちなみに『ダンディズム』の意味は『生活様式やポリシーを、装いやふるまいで表すこと』だそうです。

なにはともあれ、雨天での作業本当にお疲れ様です。

くれぐれも風邪をひかないように気を付けてください。

 

こちらの現場の様子は、また後日レポートで紹介いたします☆

 

チームとして・・・【正社員募集!!】

2016年 10月 10日

ぜーんぶ ipad。
決して個人的に趣味で集めているとかではありません!!

005

㈲延原工業では、現場の作業員がそれぞれipadを持ち歩き、

現場ごとの予算管理・日々の作業日報に至るまで、クラウドサービスを使って共有しています。

 

休憩時間でも、工程や予算をチェックします。

027-3

 

いつ、どこでも社内で情報を共有し合い、社員全員がコスト意識をを持って現場で働ける環境。

 

弊社の社訓の中にもありますが、

ひとりひとりが『私の会社なんだ!!』

という強い自覚と愛情を持って仕事をしています。

 

こうして、全員が意識を高く持った『チーム』として会社が成り立っています。

 

グループではなく、チームとして。

 

現在弊社は受注増加に伴い、企業力強化の為一緒に働いてくださる正社員を募集しております。

 

初心者の方も大歓迎です。

業界では珍しい週休三日制度も導入しました!!

きっと後悔はしないと思いますので、まずはご連絡ください!!

 

 

 

2本の柱

2016年 10月 6日

㈲延原工業の仕事には、『鉄骨とび工』ともう1つ。

『足場とび工』という大きな柱があります。

どちらも等しく大切な主力業務です。

今回はその、足場とび工について簡単に説明したいと思います。

まず足場について説明すると、建物を建てる際に外壁等の周りに設置する仮設の作業用スペースの事。

こういうの、よく見かけますよね。

img_5449 img_5481

とにもかくにも、この足場がないと、建物は造れません。

 

まぁ・・これぐらいの巨人がいれば話は別ですが。。

thumb_gurenbd

あ、これだと逆に壊されてしまいますね。

 

つまり、、足場というのはそれだけとても重要な訳ですが、、

悲しいかな建物が完成した後には足場は残らず!

跡形もなく消えてしまうのです!!(%e7%b6%be%e5%b0%8f%e8%b7%af%e3%81%8d%e3%81%bf%e3%81%be%e3%82%8d%e3%82%a4%e3%83%a9%e3%82%b9%e3%83%88きみまろ風に)

 

なんだかその潔さに哀愁すら感じるのは私だけでしょうかね。(^^)

そんな足場を組み立て・撤去を行う専門業者こそが、『足場とび工』なのです。

足場の現場もとても面白いと思います。

足場工事の現場レポートも随時お伝えしていきたいと思いますので、よろしくお願いいたします。<(_ _)>

 

Copyright © 有限会社 延原工業 All Rights Reserved.

PAGE TOP