ブログ(現場レポート)

仮囲い組立て

2017年 7月 17日

仮設工事は、何も足場ばかりを組むわけではありません。

『仮囲い』と呼ばれる、現場の囲いも鳶工が組み立てます。

これも足場同様、知識と経験が必要となる作業です。

なぜなら、現場の敷地はすべてが平らで真四角という訳ではなく、高低差もあれば、複雑な地形もある。

それに合わせて、安全で頑丈に、且つ美しく(ここ大事!!!!)施工しなくてはいけない訳です。

 

しかも囲いのすぐ外側は一般の方々が通行している訳ですから、強風で倒れた!!!

なんて事は絶対にないように組み立てる訳です。

そして、この仮囲いはほとんどの場合工事の一番最初の乗り込みに始まり、建物が完成した一番最後に撤去されます。

つまり足場とび職人というのは、唯一最初から最後まで現場に携われる業種なのです。

 

 

ビジネスホテル

2017年 7月 10日

は弊社の鉄骨班(鉄骨の組立て班)は、日本全国の現場へ行きます。

最近では千葉や茨城、兵庫、福井、北九州、鹿児島などなど・・。

数人のチームでありとあらゆる現場へ忙しく飛び回ります。

基本的に現場が会社から長距離の場合は、現場の近くのホテルに宿泊する訳ですが、、

最近のビジネスホテルは集客合戦のおかげか、とても綺麗で快適なところが多いように思います。

 

大浴場なんて当たり前、朝食もバイキングだったりと、一昔前の昭和のさびれたビジネスホテルのイメージはどこにもありません。

 

弊社は、社長の方針で部屋は一人部屋。

これは、昨日入ったばかりの新人でも同じ扱いです。

仕事が終わったら、だれにも気兼ねなくプライベートな時間を過ごして、ゆっくりと疲れを癒す。

そして、やらしいチャンネルを見る。

(かどうかは、わかりませんが・・・ )

そして、また明日に備える。

ちょっとした事ですが、小さな心遣いがやる気や無災害につながるのだと思います☆

 

 

 

 

災害防止という仕事。

2017年 7月 3日

毎日暑い日が続いてますが、皆様夏バテしていませんか?

さて、毎年この時期になると、学校の耐震改修工事が始まります。

もはや、建設業界では夏の風物詩のような感じです。

やはり生徒の安全性を考えると、長い夏休み期間を利用して工事をするのがベスト。。。

という事で、どうしてもこの時期に集中する訳ですが。。

おかげ様で弊社も毎年のように耐震工事の足場を施工させていただいておりますが、何校も一斉にスタートする為、

人員の確保や配置がそりゃあ大変です!!もう大忙しです!!!

 

しかし、この仕事は非常に社会貢献度の高い仕事だと思います。

大きな地震が来た時に、子供の命を守る砦(とりで)を強化している訳ですから。

足場ないと、耐震化工事できないのですから。

この他にも、仮設工事では『地すべり対策工事』『橋脚の耐震化』など、災害防止に役立つ仕事も多いのが特徴です。

とてもやりがいのある仕事です。

 

学卒者求人開始!!!!

2017年 6月 26日

6月1日より、平成29年度学卒者の求人が開始されました☆

(高校卒は7月1日~求人スタート)

 

来年3月に卒業予定の高校生、大学生、短大生、専門学校生を対象とした求人です(^^)

それに伴い、ハローワークへの求人申し込み、学校へ挨拶まわりを行います。

当社が週休3日制だというと、学校の進路担当の先生はたいてい驚かれます。

中には、

『嘘ぉ・・』

『本当にぃ???』

『なんか変なカラクリがあって実際は週に3日も休めないんじゃないのぉ???』

とケゲンな顔をされる先生方もいらっしゃいます。

 

大丈夫です。本当に週休3日制です。

やはり求人票を見ただけでは伝わらない事ばかりなので、直接訪問し、理解・納得してもらえるまで説明をします。

それでも学校には何百という会社から求人が来る訳ですから、先生だっていずれ忘れます。

なのでまた何度も行って説明します。

最近では僕が挨拶に行くと、顔を見ただけで

『あぁ!!週休3日の延原工業さんね!!』

と言ってくださる先生もいらっしゃいます。

 

やはりそうなると嬉しいので、

もういっそ学校向けの名刺だけ名前を『週休 三日太郎』にしようかとも考えてしまいます。

しかしビジネス向けもそれにすると、『なんだこいつ・・』となるので注意が必要です。

 

第2新卒者・中途採用希望者も大歓迎です!!!!!

詳しい求人内容については、コチラをご覧ください☆

↓↓↓↓

募集要項

 

 

 

 

 

 

 

資格のお話

2017年 5月 29日

建設業には、たくさんの資格があります。

建設業と一口にいっても業種は多種多様で、

公式に許可が認められているものだけで現在28種類。

更にその業種ごとに必要な資格が細分化されている訳ですから、国家資格・民間資格を合わせると大変な数になるでしょう。

ちなみに、平成29年4月現在、弊社が取得している建設業の許可がこちら。

 

016

 

・建築工事業

・大工工事業

・とび・土工工事業

・屋根工事業

・タイルれんが・ブロック工事業

・鋼構造物工事業

・内装仕上工事業

の7つとなります。

この7つの業種に必要な資格の数だけでも、相当な数になる訳です。

 

例えばごく一部ですが、鉄骨作業主任者・足場作業主任者・高所作業車運転資格・玉掛け・安全衛生責任者及び職長教育等などなど・・

015

もちろんどれも無料で取得できる訳ではないので、すべて費用が必要となります。

 

(有)延原工業では、必要な資格の取得費用はすべて会社で負担します。

これは一見当たり前の事のように思われますが、会社によっては一部自己負担、資格によっては全額自己負担なんて場合もあります。

う~ん・・・・・。

dae496680d54976d081ca9e7b7fd29f1

 

資格は、自分自身のスキルの証明です。

万が一会社を変わっても、取得した資格は証明書とともに自分に残ります。

『手に職をつける。』

という意味でも、とてもメリットがある事なのです。

会社としても、社員のスキルはそのまま財産となる訳ですからとても重要です。

 

dffbfe9c7dfc05a3c5e9a4e156aac604

アップアップ↑↑♡!!!

(単にスカートが短かったので載せてみました。)

 

そうした社員一人一人のスキルが現場で活用され、会社の信頼へと繋がります。

それもまたお得意先からの表彰など、目に見える形でも残っていきます。

061
社員も増えていき、今後あらゆる資格の取得も視野に入れて色々な可能性を広げていれけばすばらしいと思います☆

 

Copyright © 有限会社 延原工業 All Rights Reserved.

PAGE TOP