ブログ(現場レポート)

あけましておめでとうございます。

2020年 1月 20日

今年もよろしくお願い致します。

(激遅ご挨拶)

 

前回の記事の終わりにも少し触れましたが、

昨年末、弊社の事務所にて大掃除が行われました。

毎年の恒例行事であり、その前の日までには現場作業は終わらせ、

この大掃除が会社としての仕事納めになります。

 

普段はあちこちに散らばっている人員、車両がわっと集まり、

現場仕事から解放された皆さんでわいわいと取り掛かります。

 

大掃除と言っても、トラックの洗車、掃除や道工具の整備、整理がメイン。

大量のマンパワーでもって、てきぱきと片付けが進みます。

 

空いた手で玄関周りも綺麗にし、お昼ごろには完了。

お疲れ様でした!

 

 

 

 

 

カスタマイズ + 年末のご挨拶

2019年 12月 30日

今回は、前回の終わりにも書きました、道工具のカスタマイズについてです。

 

4月15日の記事、「新入社員研修:1日目」でも触れていますが、

新入社員には、現場作業に必要な道工具一式が支給されます。

 

このとき受け取ったものをずっと使い続けてもいいのですが、

各々で、新しいものを追加したり、別のものと入れ替えたり、

そういった調整をすることができます。

 

現場で働いている皆さんの道具をよく見てみると、実はあちこちに違いがあります。

わかりづらいでしょうが、それぞれに自分の使いやすいよう手を入れていて、

同じ組み合わせのものがありません。

  

 

専門店、またはホームセンター等に足を運び、ずらりと並んだ商品を前に、

「どれを使えば作業がはかどるか」「どこに着ければ動きやすいか」等々

実際に作業する自分をイメージしながら思索するのはなかなか楽しいものがあります。

   

なにこの年の瀬に人の下半身の写真ばっかりアップロードするブログ

 

 

12月29日(日)午前

駆け足ですが、今年最後の大掃除&片付けの様子です。

県内、または国内のあちこちをトビまわる皆さんが大集合する、貴重な機会です。

 

 

年明けの業務は1月6日(月)からになります。

 

今年も大変お世話になりました、ありがとうございます。

来年も、有限会社 延原工業 をよろしくお願い申し上げます。

 

ヘルメット

2019年 12月 16日

学校の登下校用、バイク用、野球などのスポーツ用 等々

頭部を衝撃などから守るため、日常のいろんな場面で登場するヘルメット

今回は、延原工業で使用しているヘルメットのご紹介です。

 

 

特徴としましては以下、

・上部に空気を通す通気孔があり、ムレを軽減

・バイザーの部分が透明で、上方の視界を拡張

・透明なインナーシールドを内蔵

 

ペンキ鉄骨材加工時の火花など、目元を守りたいシーンは結構多く、

現場によっては目元の保護を義務化しているところもあります。

別途、透明のゴーグルなどを装着するより、

2秒~3秒で出し入れでき、より広い範囲をカバーできる内蔵型シールドはとても便利。

 

人によって、気候に合わせて、現場のルールの都合で、かぶり方がいろいろあります。

頭部にタオルを巻いて、が垂れてくるのを、寒さを抑えたり。

最低限、ヘルメット側のおでこの部分にだけ小さなタオルを巻いたり。

麦わら帽子のようになるオプションをつけて日差しを遮ったり。

  

 

麦わらオプションもそうですが、各々が使用する道工具については

安全性を損なわない範囲で、買い足しやカスタマイズの自由があります。

ヘルメット以外のそれに関しても、また書いてみたいと思います。

 

うちなー

2019年 12月 2日

就職説明会などでお渡ししているパンフレットや、

このホームページ内の「事業内容」で紹介されているとおり、

延原工業には複数の事業部があります。

そのうち鉄骨工事事業部対象エリア 日本全国」、

読んで字の如く日本の北から南まで、鉄骨を組み立てに出張しています。

弊社は比較的気候の温暖な岡山県南部が本拠地です。

それも手伝ってか、出張などでそこを離れると、ホームの穏やかさを痛感します。

 

関東、東北、あるいはちょっと北に行けば、冷たいに吹かれたり、に見舞われたり。

  

お仕事中は寒いからといちいち手を止めてはいられません。冷たい

 

一方、

 

現在、沖縄の現場にて鉄骨の組み立て作業が進行中です。

 

 空 調 服(11月中旬)

 

略して高車

2019年 11月 18日

前回に引き続き、高所作業車のお話です。

 

高所作業車の使用に際して気を付けること。

まずは搭乗者自身の安全についてです。

操作は基本、人が乗り込むカゴ状の箇所の操作パネルから行いますが(下部からも可)、

完全に足元を固定してから使うトラック搭載式以外は、移動時に結構揺れます

もしカゴが高い位置にある状態で揺れでもしたら、転落の危険性が高まり大変危険です

なので、搭乗時には安全帯のフックを手摺にひっかける。絶対

車体を移動させるときは、カゴを低い位置まで下げてから。絶対

 

 

車や歩行者が行き交うことを前提に作られている道路とは異なり、

高所作業車の仕事場は、建物や構造物の周囲です。

ぶつけてはいけない、踏んではいけない、そんなものに囲まれています。

車体まわりの確認を怠ったがために、置いてあるものを踏んでしまった

高所での作業に集中するあまり、下部の可動域を失念し何かにぶつけてしまった

等々のリスクが常に居合わせています。周囲の確認、絶対

 

 

最後に、鉄骨の現場で触れることになる高所作業車のバリエーションを見ながらのお別れです。

カゴ側の方に上下に動かせる関節がついたタイプ。より作業がしやすい位置取りが可能です。

タイヤタイプ。足元が既に整っているときなどに。車体の動きも自動車に近いです。

垂直昇降型。壁沿いなど建物内部での作業でたまに使用します。

 

Copyright © 有限会社 延原工業 All Rights Reserved.

PAGE TOP