新人参観 ~ぴかぴかの1年生~

現場実践編②

実践練習2日目。

いよいよ鉄骨鳶での高所作業です。

この高さで、地上から約12メートル。マンションの4階部分に相当します。

今まで味わった事のない高さでの作業です。

新人研修の講師(専務)の監視下の元、屋根の母屋(もや)材を配っていきます。

(安全帯に加え、万が一落下した場合でも下の安全ネットが受け止めてくれます。)

足元の鉄骨の幅は約20~30センチしかありません。

手摺のない恐怖が、この仕事の大変さを実感させます。

それでも、自分や仲間の手でひとつひとつパーツを組み合わせて建物ができていくのは、とても達成感があります。

そして、慣れてくると高所ならではの眺めの良さを楽しむこともできます。

昔から鳶は現場の花形として、職人たちの憧れでもありました。

現場の高所で優雅にとびまわる姿を、とんび(鳶)に例えられたとも言われています。

なんだか、だんだんとサマになっているようにみえます!!  凛々しいぞ!!

 

この子たちが、延原工業の次の世代を担う立派な鳶に成長する姿が楽しみです!!!

Copyright © 有限会社 延原工業 All Rights Reserved.

PAGE TOP